今すぐお金借りたい方が気になる総量規制についてお答えしていきます。

 
今すぐお金を借りたい方も何度も利用している人も総量規制についてはまだまだ知らないことも多いかもしれませんが消費者金融キャッシングやカードローンを利用する上ではとても重要なことなのでこちらで疑問にお答えするカタチでご紹介していきたいと思います。
収入証明書類は必ず提出しなければなりませんか?

はい、お答えします。
申込みをされたお客様の中でも次の条件に該当する方のみ収入証明書類を提出する必要があります。

 

お借入希望額が50万円を超える方。
お借入希望額と他社でのお借入残高の合計が100万円を超える方。
※上記に該当しない方は収入証明書類のご提出は不要です。

では、用意することになった場合、収入証明書類は何を提出すればよいのか?

はい、お答えします。
提出いただく収入証明書類は、以下の書類のうちいずれかいずれか1点になります。どれも直近に発行されているものに限ります。

 

【源泉徴収票】
ご提出日が、1月1日から2月末日の場合では証明する年度が前々年度以降のもの。
ご提出日が、3月1日から12月31日の場合では、証明する年度が前年度のもの。

 

【確定申告書】
証明年度が前年分のもの
※ご提出日が1月1日から3月31日の場合では、証明年度が前々年分のものも受付可能です。

 

【税額通知書・所得(課税)証明書】
所得(課税)証明書は「収入額」と「所得額」の記載があるもの
ご提出日が、1月1日から6月30日の場合では、証明する年度が前々年度以降のもの
ご提出日が、7月1日から12月31日の場合では、証明する年度が前年度のもの

 

【給与明細書】
《直近1年間に賞与がないお客さま》 直近2ヶ月分
《直近1年間に賞与があるお客さま》 直近2ヶ月 + 1年分の賞与明細書

※現在のお勤め先での収入について記載のものをご準備ください。

 

収入証明書類を提出いただけない場合、または提出いただいた収入証明書類の内容及び他社の借入状況等によっては、ご利用限度額を制限されるということもあります。

 

※マイナンバー(個人番号)が記載されている収入証明書などをご提出いただく際には、その部分は隠すように加工した上で、提出するようにしましょう。

クレジットカードでのショッピングやキャッシングの利用がありますが、それは総量規制の対象になりますか?

はい、お答えします。
クレジットカードでのショッピングの利用に関しては総量規制の対象外になります。ですが、クレジットカードのキャッシングについては総量規制の対象になりますので、新規で消費者金融に申込む際には、他社からの借入れがあるということを伝えなければなりません。