お金を返せない時は?返済期日に間にあわない時の対処方法は?

 
消費者金融でお金を借りると毎月返済期日までに一定額の返済が必要です。
要返済額は金融機関によってまちまちなので確認する必要がありますが、消費者金融の場合、最低返済額は3千円程度です。また、銀行引落にしていれば気楽です。

しかし、口座残高が何らかの事情で不足していたり、支払資金が手持ちになかったりする場合は事前に対処する必要があります。この場合、支払期日より前に消費者金融に連絡をすることが必須です。期日前と後では、消費者金融側の対応が全然違います。

 

返済資金がないという場合の多くは、自分の資金管理がうまくできていないことが原因です。借入先が多すぎて毎月の返済額が多すぎるという場合は、おまとめローンという選択もありますが、おまとめローンを契約すると追加借り入れができません。

 

自分のお金の管理をしっかりして、家計簿をつけるくらいの気構えがないと、おまとめローンの返済もできなくなってしまう可能性が高くなります。また失業などにより返済できないという場合には、下手に自分の貯金を取り崩すより前に債務整理専門の弁護士さんに相談したほうがいい場合もあります。

 

もっとも、債務整理をすると、ブラックリストに載りますから、5年間は消費者金融も信販会社も全く相手にしてくれないことは覚悟しておかなければいけません。

 

最近は、法律事務所の宣伝が派手なためか「返せなかったら自己破産すればいいじゃん」という風潮があるようです。しかし、自己破産をすると官報に載り、この事績は永遠に残ります。現在の官報はデジタル化され、検索が可能なのです。

 

下手をすると文字通り一生の不覚ということになりかねません。自己破産を安易に選択することは絶対に避けるべきです。